THE BAUHAUS

¥2,800
About the book

建築や陶芸、テキスタイルデザインやグラフィックデザイン、家具デザインなど、さまざまな分野へ影響を与えたドイツの美術学校Bauhaus(バウハウス)の代表的な作品や業績をまとめて見られる一冊。

 

Designer’s review

バウハウスとは、第一次世界大戦後にドイツ中部にあるワイマール共和国に設立されたデザインや工芸、写真や建築などを総合的に教えていた美術学校のことです。その歴史は、1919年から1933年の間の14年間と短いにも関わらず、功績は大きく、いまでも世界中のデザインや建築など、さまざなま分野に多大な影響を与え続けています。バウハウスでは、合理主義的考えを重視し、「Form follows function」(形態は機能に従う)という方針で、機能優先のデザインを教えていました。それは、モダニズム的考えとされ、今でもモダンデザインの理念として伝え続けられています。

わたしは高校生の頃にバウハウスの代表的人物ワシリー・カンディンスキーのポスターを見たのがきっかけで、バウハウスに興味を抱くようになりました。その頃はカンディンスキーの名前を知らなかったのですが、なんてカッコいいデザインなんだ!と衝撃を受けたのを覚えています。視覚的に何かを伝えることに魅力を感じ、その後、大学へ入りヴィジュアル・コミュニケーションを勉強しました。日本の大学でも、アメリカの大学院でも、バウハウスは常にそばにあり、わたしのデザイナー人生に大きな影響を与えています。

この本は、カンディンスキーのポスターからデッサウ移転後のバウハウスの校舎の建築、ヨーゼフ・アルバスの絵画やマルセル・ブロイヤーの椅子についてまで、さまざまな作品が掲載されています。いかに私がバウハウスに影響を受けているのか、HALLにセレクトしている本を見ても明らかですね。笑

-----------------------------------------------------------------------------------

著者:Doreen Ehrlich

出版社:Magna Books

発行年: 1991年

製本:ハードカバー

貢数: 176頁

サイズ:270 × 369 mm

状態:中古、表紙に汚れやスレ、破れあり、中身は良好

Other products

People who bought this product, also bought

Search